tamaDRAMA!

by TaMa

ほぼ週刊LAW&ORDER

Category: LAW&ORDER   Tagged: LAW&ORDER  海外ドラマ  
さて、今週は「LAW&ORDER:クリミナルインテント シーズン6」が始まりました。
プレミアの回はゴーレン&エイムズが当番。

「LAW&ORDER:CI S6#1 Blind Spot」
女性の連続惨殺事件が発生。ゴーレンは過去の未解決事件「セバスチャン」が戻ってきたと疑う。おりしもゴーレンの昔の指導者、元FBIデクラン博士がNYを訪れており、セバスチャンの仕業だと捜査に介入しようとするのだが・・・

なんと、ゴーレンの恩師デクランはヤング・ルーサーのライオネルパパのジョン・グローバーでした。
珍しく、プレミアらしい内容。エイムズが犯人に監禁されたり、そのエイムズを探すためゴーレンが走り回ったり。CIらしからぬ、(ちょっとだけ)派手というか、イマドキっぽい刑事ドラマになってました。うーん、あの地味さがCIの持ち味なのになぁ。納得できないなと思いつつ、ゴーレンで癒されてしまう私。
前シーズンに降板したディーキンス警部の後任に、ロス警部が登場します。ところが、前任者の放任主義とはまったく反対で、どうやらゴーレンも手綱を締められそうな感じ。

あまりゴーレンをいじめないでほしいな。いじめるならパーフェクト・ガイにして下さい。

そのローガン刑事も、今シーズンは早くも相棒が変わってしまいます。
アナベラ・シオラ、よかったんですけどね。次は赤毛ちゃんが登場です。


「LAW&ORDER:SVU S9#13 Unorthodox」
学校で下半身から血を流す少年が通報される。大人の幼児虐待としてステイブラーは捜査するが、しばらくして、同じ学校の14歳の少年の犯行とわかる。被害者は数人いて、少年は常習性のあるレイプを繰り返していたのだが、弁護側は、セックスが氾濫するTV・ネット等のメディアが、彼をこのような犯行に駆り立てたと主張する。

レイプ(セックス)が優劣の順序をつけるための手段とは・・・さすがに深いというかなんというか。
SVUが面白いは、性犯罪を通して、セックスの解釈をいろいろ提示してくれるところなんですが、今回のように、未成年ならば単純に支配=SEXと、思っても仕方がないと考えるほど、きわどいポルノが身近にあるのは現実の話です。
離婚や共働きなど、子供を監督できないアメリカ(いや、世界ですよね)の病巣も垣間見えて、子を持つ親なら本当にぞっとする話でしょうね。

犯人の少年ジャックが「だって刑務所では男が男と無理やりセックスするんだ。そしてまわりから尊敬されるんだよ」
と聞かされたのはステイブラーことメローニ。私もその時、くしくも苦い顔をしてしまいました。


「LAW&ORDER:LA S1#3 Playa Vista」
女子プロゴルファー殺人事件。捜査線に浮かび上がったのは、スーパースター選手の男子プロゴルファーだった。

出ました、一目見てわかるタイガー・ウッズネタですな。だけど、法廷では一転して家族の愛憎劇に。L&Oらしい展開です。


「LAW&ORDER S16#6 Birthright」
公園で男が刺殺。刺し傷の数から怨恨として捜査すると、ある少女が容疑者として浮かび上がる。逮捕するものの、少女はその晩獄中で死亡してしまう。

今回はこのエピをチョイス。
最初におきた殺人事件と法廷で争う内容がまったく別の、これもL&Oお得意の展開。実は少女は知らないうちに避妊治療を受けてさせられており、その治療で使われた薬物のせいで死んでしまったのですが、これが殺人にあたるとして、慈善クリニックの看護師が裁きの場に立たされます。
少女は虐待の被害者であり加害者。それを止めるための避妊治療。
日本でも虐待の報道がされるたび「こんな親は・・・」なんて思ってしまいますが、本人の知らないうちに避妊治療を行うなど、やはりこちらも非人道的。
だけども、虐待を止める術を持てない現実もまたしかりで.
こちらもまたまた考えらせられるエピソードでした。



さてさて、これからはほぼ週イチでL&O一族のエピにぼやいていこうと思います。
いつまで続くかわかんないけど。

スポンサーサイト



« »

10 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

TaMa

Author:TaMa
ケーブルにて海外ドラマ・映画視聴してます。

検索フォーム
タグリスト